• psL

お知らせ 一覧を見る »

【ご案内】 クマヒラセキュリティ財団のインターンを募集しています

現在、クマヒラセキュリティ財団はインターンを募集しています。ご興味のある方は、以下をご覧いただけると幸いです。 ■インターン内容 ピースフルスクールプログラムの開発者のサポートをお願いします。 具体的な業務内容は、教材開…

【ご案内】大人向けのピースフルスクールプログラム&対話のワークショップを開催いたします

現在、日本ファシリテーション協会のメンバーと弊財団で、大人向けのピースフルスクールプログラム&対話のワークショップを開発しております。 『問題解決に向けて対話を深めよう オランダの小学生のファシリテーション事例を通して』…

【お詫び】11月30日(日)のイベントについて

いつもお世話になっております、クマヒラセキュリティ財団の熊平です。 11月30日に開催予定の弊財団主催 ピースフルスクールのイベントは、誠に申し訳ございませんが、弊財団の都合により延期せざるを得ない運びとなりました。 せ…

2014年9月3日

京北中学校・高等学校前学校長である川合正先生の『「動ける子」にする育て方』が出版されました。
当書籍の第2部「こんな授業が動ける子を育てる」において、注目される教育プログラムとしてピースフルスクールプログラムに関する記事を寄稿させていただきました。

2014年9月2日

日本ファシリテーション協会とクマヒラセキュリティ財団が共同で開発している大人向けのプログラム「小学生のファシリテーションに学ぶ対話2.0 ~ピースフルスクールプログラムの取り組み~」の体験会を開催いたしました。

2014年7月31日

“教育”をテーマにしたプロジェクト「未来教育会議」 佐賀県武雄市立武内小学校にて 「ピースフルスクールプログラム」のパイロット導入を開始

ブログ 一覧を見る »

【どんな気持ちになるのかな?】

ピースフルスクールプログラムのレッスンでは、「自分の気持ちを認識すること」「相手の気持ちに共感すること」を大切にしています。

そのため、レッスンや日常の生活において、
「どんな気持ちになるかな?」「どんな気持ちになった?」
という問いかけをたくさんします。

たとえば、

「ほめ言葉を言われた時は、どんな気持ちになるかな?」
「バカ、どっかに行け!とか、けなし言葉を言われた時は、どんな気持ちになるかな?」
「お友達と協力してザリガニをたくさんつかまえた時、どんな気持ちがした?」
「(絵本を読んで)クマくんとハリネズミくんに助けてもらったビーバーくんは、どんな気持ちになったのかな?」
「○○ちゃんが手伝ってくれて、先生はとってもうれしい気持ちがしています」

など、子どもたちに感情について考えさせる問いかけ・声かけをしています。

プログラムを導入した最初の頃は、
「・・・よくわからない」
「うれしい気持ち?かな??」
と言った発言が多かったのですが、
繰り返し問いかけたり、普段の生活の中で先生も自分の感情を言葉で伝えるようにしたら、
子どもたちがどんどん自分の気持ちや相手の気持ちを言葉で表現できるようになってきました☆

「お友達を大切にしないといけないよ」
「自分がされて嫌なことは、お友達にしてはいけないよ」
といった問いかけだけでは、なかなか自分の気持ちや相手の気持ちに気付けず、「なぜダメなのか」「なぜそうした方が良いのか」を理解するのに時間がかかります。

ピースフルスクールのレッスンを行わなくても、
子どもたちが気持ちを認識するための問いかけ・声かけをすることは可能です。
ぜひ、日常のコミュニケーションに取り入れてください☆
繰り返すことで、気持ちを認知する力や共感する力が伸びますよ^^
... See MoreSee Less

2 days ago

View on Facebook

Peaceful School(ピースフルスクール)さんがカバー写真を変更しました。 ... See MoreSee Less

2 days ago

View on Facebook

【遊びの延長で、お友達と一緒にたのしく学ぶ♪】

ピースフルスクールプログラムは、子どもたちの主体性を伸ばし、共生社会を実現する力を磨く 幼児・小学生を対象とした教育プログラムです。

1レッスンは20~30分程度で、遊びの延長で、お友達と一緒にたのしく学べます。

楽しく学んだことだから、日常の生活や遊びの中でどんどん活かすことができるのです。

プログラムを導入している園では、レッスンで学んだことを子どもたちが積極的に使っているという声が寄せられています^^
... See MoreSee Less

2 days ago

View on Facebook

【子どもたちのいいところを探し、伝えることが習慣になった!】

ピース導入園の先生方とお話していて、印象に残ったエピソードを紹介します。

☆☆☆
導入前から、子どもたちのいいところを探すことは意識していましたが、ピースのレッスンで「お互いのいいところを探して、言葉で伝えよう」を実施してからは、より一層そうする習慣ができました。
ピースフルスクールのレッスンで学んだことを日頃の保育で活かしているので、プログラムと日常生活のつながりを感じます。
気付いた「いいところ」を言葉で伝えることで、子どもたちも自分を認知することができているように思います。
☆☆☆

このようなコミュニケーションの積み重ねが、子どもたちの自己肯定感や効力感向上につながると思います。
... See MoreSee Less

2 weeks ago

View on Facebook